不動産投資(投資不動産)のメリットとデメリット(リスク)。高収益の資産運用はリセールバリューへご相談ください。]

必見!あなたもオーナーになりませんか?

オーナー様の喜びが、私たちの喜びです。

Photo

不動産投資をしたいが、はじめてなのでよく分からない、実際に不動産投資をしてみたけれど、思ったような成果が上がらなかった、不動産投資で生涯安定した収入を得たい等、不動産投資に対してのオーナー様のご要望は様々です。

ここでは、不動産投資を行う際、あらかじめ知っておいた方が良いと思われるメリットとデメリットをご紹介いたします。

収益物件購入後に資産運用、アパート・マンション経営で成功するための投資のノウハウは、私たち不動産の専門家にお任せください。

お問い合わせフォーム

オーナー様の喜びを私たちの喜びと考え、オーナー様により良いご提案ができるよう、資産運用について日々研究を重ねて参ります。

不動産投資とは

景気の低迷、株価の暴落、預貯金の金利低下、将来への不安などにより、株式投資と並んで「不動産投資」を検討する方が増えています。

illust

一般的に、不動産投資とは、アパート、マンションなどの購入した不動産を賃貸したり、売却したりすることにより収益を得る投資方法のことを言い、バブル期では購入した不動産が値上がりしたタイミングで売却し、利益(キャピタルゲイン)を得るという投資方法が主流でした。

現在では、購入した不動産を賃貸し、家賃収入(インカムゲイン)を得る方が主流になっていますが、厳密に言えば、物件を取得してから売却・換金するまでのトータルの収益を追及することを言います。

不動産投資のメリット

Photo

不動産を購入する際、すべて自己資金を用意する必要はなく、投資対象の物件を金融機関に担保として提供することで購入資金の一部を借り入れすることができます。そのため、自己資金をすべて使い果たすことなく資産を手に入れることができるのです。
このようなレバレッジ効果(少ない力で大きな効果があること)を得られることが、不動産投資の大きなメリットと言えるでしょう。

不動産は、価値の価格変動が緩やかで安定しており、そこで得られる家賃収入(インカムゲイン)が主な目的となります。もちろん、売却することを視野に入れて投資を行うことも大切ですが、建物は原価償却していくため、その価値は緩やかに下がっていくことを理解し、売却の時期をしっかりと見極めて、トータル的な利益を得ることが重要になります。

また、不動産投資での家賃収入は、給与所得とは別に申告をしますので、建物の原価償却・ローン金利・固定資産税などの必要経費が認められるため、それを家賃収入から差し引くことで、所得税・住民税の節税をすることもできます(不動産所得が黒字の場合は税金対象額が増えるため、節税効果は薄くなりますのでご注意ください)。

また、将来インフレに見舞われた場合、金融資産は目減りを起こす可能性がありますが、不動産価値が大幅に下落することは考えにくく、家賃は上がることはあっても下がることは少ないため、インフレに強いこともメリットのひとつと言えるでしょう。

不動産投資6つのメリット

安定した家賃収入を得ることができる。

少ない自己資金でも始めることができる。

定年後も収入を得ることができる。

税金対策にもなる。

相続税の対策としても有効である。

インフレにも強い。

老後の生活を安定して送ることができる。

不動産投資のデメリット(リスク)

Photo

もちろん、不動産投資はメリットばかりではありません。メリットだけでなくリスクもしっかりと把握した上で、不動産投資を検討しましょう。不動産投資で一番の懸念は、売りたい時にすぐに売れない所がリスクのひとつと言えます。
年数が経つにつれ、資産価値も下がることをあらかじめ理解した上、買い替え時期を理解し、売却する時期を見極める必要があります。

その上、買い替えたい時期に簡単に売却ができないというのもデメリットと言えるでしょう。株式投資であれば、すぐに買いなおすこともできますが、不動産投資の場合は、すぐに売れるというものではなく、法的な手続きにも時間がかかるというのが実情です。

また、アパート・マンションが常に満室であるとは限らず、家賃滞納者がいる場合はその回収をきちんとしておかないと、予定の利回りを期待できなくなってしまいます。
場合により、家賃を下げなくてはならないこともあるため、安心して部屋を貸すことのできる保証システムを利用する場合、その手数料を支払わなくてはなりません。

さらに、先に述べた、年数が経つにつれて老朽化することを考慮して、修繕費用もあらかじめ準備・計画しておくことも大切です。
自己資金以外のローンを利用して不動産投資をする際、変動金利を利用した場合には返済額が一定期間を過ぎるとアップするリスクがあるので、ある程度、自己資金を確保した上でローンを一部利用するスタンスが理想と言えます。

不動産投資4つのデメリット

売りたい時にすぐに売れない。

空室や家賃滞納、家賃下落により予定の利回りが期待できないこともある。

老朽化による資産価値の減少を防ぐための費用が必要。

ローンを利用する際の金利上昇のリスクがある。

不動産投資の専門家・不動産会社にお任せください!

illust

不明なことは曖昧にせず、不動産のプロである私たちにご相談ください。
不動産投資には大きな金額が動くため、様々な状況を熟知した専門家と共に資産運用を行うことをおすすめいたします。

不動産のこと、不動産投資のこと、お気軽にお問い合わせください。
【株式会社リセールバリュー】 TEL:03-5501-0870 FAX:03-5501-0871お問い合わせフォームはこちら

物件情報
  • リセール選りすぐりの物件をご紹介いたします。
  • 投資用物件
  • 居住用物件
  • 【必見!あなたもオーナーになりませんか?】投資不動産のメリットとデメリットをご紹介します。
  • マリモの部屋
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ